• お問合せ
  • 物件リクエスト
  • LINE
  • 株式会社T-ESTATE > 株式会社T-ESTATEのスタッフブログ記事一覧 > 2019年の消費税アップは不動産投資家にどんな影響がある?

    2019年の消費税アップは不動産投資家にどんな影響がある?

    ≪ 前へ|2019.5・売買仲介(収益物件)   記事一覧   2019.5・売買仲介(戸建)|次へ ≫

    2019年の消費税アップは不動産投資家にどんな影響がある?

    カテゴリ:スタッフブログ

    いよいよ201910月から、消費税が10%へ値上げされる予定です。

     

    アパート経営や新規物件の購入など、不動産投資をしている投資家にとってもどのような影響が出るのか、気になるところですね。

     

    今回は、今年新しい投資物件の購入を迷っている投資家向けに、増税の影響で注意するべき点ついてご紹介します。


    増税

     

    増税による不動産投資の消費税:どんな影響が出る?


    増税によって起こる影響の1つは、投資物件の仕入れ値の値上がりです。

     

    戸建てやマンションなどの不動産物件は、土地と建物のうち土地には消費税がかかりません。

     

    一方、建物は課税対象なので、消費税が10%になれば仕入れ値が割高になると考えられます。

     

    また、増税前の駆け込み需要による影響で建築ラッシュや修繕ラッシュも予想されますが、建設業者の不足により費用が値上がりする可能性も考えられます。

     

    税金が上がる前に中古物件の購入をしてしまえば良いのではと考えていても、リフォームや修繕に掛かる費用を早めに検討する必要がありますね。

     

    増税による不動産投資の消費税:アパート・マンション経営の場合


    アパートやマンション経営などを見据えて不動産物件の購入を検討している投資家には、ランニングコスト面で注意が必要です。

     

    投資物件の維持管理費や共用部分の電気代、設備投資費用、修繕費などには税金がかかりますので、増税後にコスト面で大きな影響を受けます。

     

    一方で家賃や管理費、敷金・礼金には消費税は課税されません。

     

    つまり、アパートやマンション経営などを行う際は、投資家のランニングコストだけが増えることになります。

     

    支出が増えたからといって、安易に家賃の値上げを行うと入居者の負担が増えてしまい、より安い物件へ引越してしまう可能性もありますね。

     

    増税前に物件を購入すれば大丈夫と考えていると、その後のメンテナンスやランニングコスト面で苦しくなりますので、長期的にきちんと不動産投資の計画を立てていきましょう。


    消費税

      

    まとめ


    消費税が10%へ増税することは、今年物件の売買を検討している不動産投資家にとって、物件価格の上昇以外にも、ランニングコスト面など様々な影響が出てきます。

     

    現在不動産投資をしている人はランニングコストの増額、これから物件を購入しようと考える人にはさらに物件価格の増額にも注意し、バランスの良い投資計画を立てていきましょう。

     

    株式会社T-ESTATEでは、名古屋市を中心にマンション・アパート・商業ビルなど、多数の不動産投資物件をご紹介しております。

     

    名古屋市で新たな投資物件をお探しの際は、ぜひ当社までご相談ください

    ≪ 前へ|2019.5・売買仲介(収益物件)   記事一覧   2019.5・売買仲介(戸建)|次へ ≫
    • お知らせ
    • スタッフ紹介
    • スタッフブログ
    • 周辺施設検索
    • お問い合わせ
    • アクセスマップ
    • 更新情報

      2021-11-10

      新着物件・掲載物件・非公開物件
      ↓お問い合わせはこちらから↓


      メールアドレス

      LINEからも
      お問い合わせ可能です!
      ↓    ↓    ↓
      友だち追加

      更新情報一覧

    • 会社概要

      会社概要
      株式会社T-ESTATE
      • 〒460-0002
      • 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17番22号
        丸の内桜通ビル 5階
      • TEL/052-228-9931
      • FAX/052-228-8751
      • 愛知県知事 (2) 第22990号
        ◆賃貸住宅管理業者登録番号
        国土交通大臣(1)第000788号
        ◆保有資格者
        宅地建物取引士 4名
        公認 不動産コンサルティングマスター 1名
        管理業務主任者 1名
        賃貸不動産経営管理士 4名
    • 採用情報
    • QRコード
    • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

    トップへ戻る