• お問合せ
  • 物件リクエスト
  • LINE
  • 株式会社T-ESTATE > 株式会社T-ESTATEのスタッフブログ記事一覧 > 「オフィス」と「レジデンス」投資するならどっち?

    「オフィス」と「レジデンス」投資するならどっち?

    ≪ 前へ|名古屋市中村区非公開土地物件   記事一覧   名古屋市の新着売買物件|次へ ≫

    「オフィス」と「レジデンス」投資するならどっち?

    カテゴリ:スタッフブログ

    オフィスとレジデンスの投資は、どちらが儲かるのか投資初心者なら気になる案件でないでしょうか。

     

    事業用と居住用の不動産では借り手の属性が異なるため、投資運用の安定性にも違いがあります。

     

    今回は、投資における両者の違いについて解説しますので、不動産投資を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


    オフィスVSレジデンス

     

    オフィスVSレジデンス:景気から投資を検討


    不動産投資を景気によって調査してみると、オフィスよりレジデンスの方が景気に左右されにくいでしょう。

     

    オフィスの賃料や価格は景気が悪くなると下がる傾向にあり、空室にもなりやすいようです。

     

    テナントの空室は、レジデンスと違って貸床面積が大きいので稼働率の変化も大きくなってしまいます。

     

    もちろん、景気が上がると賃料や価格も上昇しやすく、借り手の需要も増えますが、社会情勢に影響されやすいので利回りの振り幅が大きいです。

     

    一方、レジデンスは普遍的な需要があるため、景気云々で空室が増えることはあまりないでしょう。

     

    賃料についても即座に反映されるわけではないので、景気によって利回りが大きく変化することはなさそうです。

     

    利回りと安定性を自身の中でどのよう定義するかによって、どっちが良いのか判断してみましょう。

     

    オフィスVSレジデンス:諸経費から投資を検討


    不動産投資を諸経費から検討してみると、オフィスとレジデンス、どっちもどっちといえそうです。

     

    固定資産税や都市計画税については、税金の評価額はオフィスの方が高い傾向にあります。

     

    レジデンスの場合、固定資産税で1/6、都市計画税で1/3の軽減税率を受けられるので安くなる計算です。

     

    水道光熱費については、表面的にはオフィスの方がオーナーの負担が大きいのですが、通例として各テナントから使用料を徴収できます。

     

    使用料は実際の金額より上乗せされて請求されることもあり、利回りが高くなるケースもあるようです。

     

    レジデンスでも似たような事例はありますが、そこまで高額にはならないでしょう。

     

    メンテナンス費用については双方に大差はなさそうですが、テナント負担となるオフィスの原状回復費用では差が出るかもしれません。


    諸経費から投資を検討

     

    まとめ


    オフィスとレジデンスの投資はどっちがお得なのかは、利回りの考え方や初心者・上級者などによって異なります。

     

    立地や景気などさまざまな社会情勢に影響を受ける場合もありますので、一概にどちらが良いとは決められないでしょう。

     

    初心者の方は不動産投資の専門家に意見を求めると安心できるかもしれませんね。

     

    私たち株式会社T-ESTATEでは、オフィス・レジデンス投資用物件を多数ご紹介しております。

     

    これから投資を始めようと検討している方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

    ≪ 前へ|名古屋市中村区非公開土地物件   記事一覧   名古屋市の新着売買物件|次へ ≫
    • お知らせ
    • スタッフ紹介
    • スタッフブログ
    • 周辺施設検索
    • お問い合わせ
    • アクセスマップ
    • 更新情報

      2022-01-11

      新着物件・掲載物件・非公開物件
      ↓お問い合わせはこちらから↓


      メールアドレス

      LINEからも
      お問い合わせ可能です!
      ↓    ↓    ↓
      友だち追加

      更新情報一覧

    • 会社概要

      会社概要
      株式会社T-ESTATE
      • 〒460-0002
      • 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17番22号
        丸の内桜通ビル 5階
      • TEL/052-228-9931
      • FAX/052-228-8751
      • 愛知県知事 (2) 第22990号
        ◆賃貸住宅管理業者登録番号
        国土交通大臣(1)第000788号
        ◆保有資格者
        宅地建物取引士 8名
        管理業務主任者 1名
        2級ファイナンシャルプランニング技能士 1名
        賃貸不動産経営管理士 5名
        公認 不動産コンサルティングマスター 2名
    • 採用情報
    • QRコード
    • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

    トップへ戻る