• お問合せ
  • 物件リクエスト
  • LINE
  • 株式会社T-ESTATE > 株式会社T-ESTATEのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資をする際に知っておくべき!空室率の計算に違いがある理由

    不動産投資をする際に知っておくべき!空室率の計算に違いがある理由

    ≪ 前へ|STUDENT’S BARさんOPEN情報   記事一覧   不動産投資で使う地方銀行やネット銀行の特徴と選ぶ際のポイント|次へ ≫

    不動産投資をする際に知っておくべき!空室率の計算に違いがある理由

    カテゴリ:スタッフブログ

    アパートやマンション、オフィスや貸しビルなど、不動産投資をして収入を得ている人は、投資をするエリアの空室率を気にされていると思います。

     

    統計のデータを取る方法が複数あるために、公表するサイトや新聞などで違う数字が記載されて、結局どれが正しいのかと混乱する人も少なくありません。

     

    デタラメのデータを公表していると思うのではなく、何をベースにした計算なのかをしっかりと理解することが重要です。

     

    不動産投資をする人が気になる空室率の計算は統計の取り方に違いがある


    不動産投資


    不動産投資をする上で、空室対策をとるために参考にしたい空室率は、ベースをどこに置くかで数字が大きく変わります。

     

    5年に一度総務省統計局が公表している統計は、賃貸物件だけではなく、所有者が死亡や転勤などで空き家になった家も含んだ数字です。

     

    例えば対象エリアに10軒の単身者用住宅があり、それぞれ10部屋ずつ計100部屋があったとします。

     

    そのうちの5軒で2部屋ずつ計10の空室があると計算は、(空室10÷部屋合計100)×100=空室率10%になります。

     

    一方半年に一度日本銀行が公表している統計は、賃貸されていない家を除いた物件の数字です。

     

    先ほどと同じ、計100部屋のエリアで考えてみましょう。

     

    賃貸として募集しているのはそのうちの5軒で、それぞれ2部屋ずつ計10の空室があると計算は(空室10÷賃貸の部屋50)×100=空室率20%になります。

     

    前提とする計算式で、大きく差が出てくる点には注意しましょう。

     

    住宅とオフィスの不動産投資では空室率の計算が異なることを意識しよう


    計算


    不動産投資から安定した収入を確保するためには、空室率をよく分析して早めの対策をとる必要があります。

     

    特に住宅とオフィスでは差がありますので、注意が必要です。

     

    計算には時点をベースにしたもの、年間の稼働をベースにしたもの、賃料をベースにしたものの3つの方法があります。

     

    不動産投資をしている人が分かりやすく空室の現状がつかめるのは、現在の時点で賃貸可能な戸数を空室で割った計算でしょう。

     

    住宅の場合、物件数の増加や全国的な人口減少が理由で空室率が上がる傾向にあります。

     

    東京や愛知・神奈川など大都市は今後需要が伸びる可能性もありますが、中小の都市では空室率の上昇は避けられないのではないでしょうか。

     

    オフィスは住宅と比較して上昇は緩やですが、需要は大きな都市に集中しているのが現状です。

     

    空室率が高いエリアでも、シェアオフィスなど時代に合ったリノベーションをして、空室を作らない工夫をしている例もあります。

     

    まとめ


    空室率は統計データを取っているサイトなどによって大きく違い、分かりにくいと頭を痛めている方は多いのではないでしょうか。

     

    空室を早く埋め、より効率的に経営するために、計算方法の違いをよく理解して対策を講じることが重要です。


    株式会社T-ESTATEでは、名古屋市を中心に事業用物件、収益物件を多数ご紹介しております。

     

    名古屋市で新たな不動産投資物件をお探しの際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

    ≪ 前へ|STUDENT’S BARさんOPEN情報   記事一覧   不動産投資で使う地方銀行やネット銀行の特徴と選ぶ際のポイント|次へ ≫
    • お知らせ
    • スタッフ紹介
    • スタッフブログ
    • 周辺施設検索
    • お問い合わせ
    • アクセスマップ
    • 更新情報

      2021-11-10

      新着物件・掲載物件・非公開物件
      ↓お問い合わせはこちらから↓


      メールアドレス

      LINEからも
      お問い合わせ可能です!
      ↓    ↓    ↓
      友だち追加

      更新情報一覧

    • 会社概要

      会社概要
      株式会社T-ESTATE
      • 〒460-0002
      • 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17番22号
        丸の内桜通ビル 5階
      • TEL/052-228-9931
      • FAX/052-228-8751
      • 愛知県知事 (2) 第22990号
        ◆賃貸住宅管理業者登録番号
        国土交通大臣(1)第000788号
        ◆保有資格者
        宅地建物取引士 4名
        公認 不動産コンサルティングマスター 1名
        管理業務主任者 1名
        賃貸不動産経営管理士 4名
    • 採用情報
    • QRコード
    • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

    トップへ戻る